40代からのダイエット 痩せにくさを改善するには?

40代になると、生活習慣も同じで食生活も変えていないのに太りやすくなったり、ダイエットをしても思うように効果が出なくなってしまいます。
その理由は加齢により代謝の低下で、特に脂肪を燃焼するための代謝機能が低下してしまうからです。
ですので、40代になったらちょっとの食事でも脂肪がついたり、運動をしても痩せないという体質になってしまうのですね。
また、食欲を抑制するエストロゲンの分泌量も減少してしまい、これに伴って満腹ホルモンのレプチンも減ってしまうので、食欲が増えてしまうので余計に太りやすくなるのです。

そんな40代のダイエットは、筋トレをして衰えた筋肉を鍛えて代謝量を増やしたり、エクササイズで脂肪の燃焼を促進するのが効果的です。
人間というのはどんな行動をするにしてもエネルギーが必要なので、体は常にエネルギーを消費しています。
これが最低限必ず消費される基礎代謝というものですが、これを上げればさらにエネルギー消費がアップするので痩せやすい体に近づけます。
筋肉を動かすというのは一番エネルギーを必要とするので、筋トレをすることで基礎代謝量を増やすのは代謝が低下した40代にはとても効果的なのです。

エクササイズは筋肉を適度に動かすと同時に、普段動かさない部分を動かせるのでエネルギー消費量を増やすことができます。
また、血流もよくなるので新陳代謝もアップして脂肪の燃焼が促進されます。
ちなみに筋トレをして代謝が上がった状態は48時間続くと言われているので、エクササイズと併せて行うと燃えやすいカラダとなって40代のダイエットを効果的にサポート出来るのです。