20代男性のダイエット

ダイエットしよう!と男の人が決意する一番のポイントは『お腹』です。
女性の脂肪が全身につきやすいのに対し、男性の場合は痩せ型の人でもお腹だけはポッコリという人もいるほど、お腹まわりに脂肪をためやすいのが特徴です。

これには生物学的な理由があります。
男性は両腕・両足に脂肪を貯め込んでしまうと戦いにくくなってしまうことから余ったエネルギーをお腹に貯蓄してしまいます。
一方、女性は妊娠の可能性からおなか周りを脂肪で邪魔しないよう、腕やお尻、太ももなどに脂肪がつきやすいという特徴があります。

20代男性におすすめのダイエット食品 「栄養重視」が必須!

栄養重視のダイエット

女性に比べると男性はまだまだ正しいダイエット方法にはうとい人が多く、「カロリーさえ減らせばいいんでしょ?」という認識しかないという人も少なくありません。
でも、食べる量を極端に減らすダイエットは確実にリバウンド予備軍になってしまいます。

その理由は栄養が不足してしまうためです。
食べたものを分解し、エネルギーとして利用したり体の一部に作り替えたりするのが栄養素の役割です。筋肉や皮膚などの原料となるタンパク質、そして代謝に不可欠なビタミンやミネラルといった栄養素が健康な体を維持するためには必要不可欠です。
でも、「いつもは唐揚げも食べていたけど、今日は菓子パンだけ」といった食事にすると、確かにカロリーは減るもののタンパク質やビタミン、ミネラルはほとんど摂ることはできていません。

ちなみにビタミンやミネラルにはカロリーがありません。
しかし、カロリーのある3つの栄養素(糖質・脂質・タンパク質)をエネルギーに変えて燃やすためにはビタミン・ミネラルが必要です。

つまりダイエットを成功させ、それを維持するために最も大切なのは栄養バランスです。
ダイエット食品を利用する場合も、栄養バランスがしっかり考えられたものを選ぶのが第一条件です。(低カロリーなだけで選ぶのはNGです。)

20代メンズにおすすめのダイエット食品

  1. ヘルシーバンク 美容液ダイエットシェイク

    ヘルシーバンク ダイエットシェイク

    普段の食事以上の栄養素がしっかり摂れるヘルシーバンクのダイエットシェイク。
    不足しがちなビタミン・ミネラル・食物繊維はもちろん、アミノ酸スコア100の良質な大豆たんぱく質(プロテイン)を配合しています。
    市販のダイエット食品には人工甘味料、酸味料、乳化剤、着色料、増粘剤が使われているものがほとんどですが、これらを一切使わずに作られているため安心して毎日飲むことできます。
    大手通販サイトでも8年連続第1位を獲得しています。

    ダイエットシェイクの栄養素

    1日の1/3以上の栄養素がしっかり含まれています。

    価格 入数 送料
    初回:6,400円/定期6,000円 14食分 全国一律720円(定期購入は無料)
  2. ミネラル酵素グリーンスムージー

    ミネラル酵素グリーンスムージー

    リーズナブルでありながらビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素とともに酵素が摂れるグリーンスムージーは学生さんにも人気のダイエットドリンクです。
    以前はカロリーダウンのためか人工甘味料を使用していたものの、そのケミカルな味が気になる商品でしたが、人工甘味料の使用をやめカラダにも優しいスムージーになりました。
    1袋当たり約25~26杯分。1杯あたり80円程度。
    ダイエットだけでなく不規則な食生活の栄養バランスを補うのにもおすすめです。

    価格 入数 送料
    通常:2,138円/定期1,711円 160g(約25食分) 無料
  3. 優光泉

    優光泉 酵素ドリンク

    九州の断食道場が作った、「コップ1杯で野菜バケツ1杯分!」の酵素ドリンク。
    アスリートやスポーツ選手の利用者も多く、若い人からお年寄りまで幅広い年代での愛用者が多いのが特徴です。
    栄養価が高いのはもちろん、天然の優しい甘さが飲みやすくカラダにしみわたります。
    物足りなさを感じる人は炭酸水や豆乳で割るのがおすすめです。

    価格 入数 送料
    初回:7,992円/定期6,372円 550mg×2本(約27食分) 無料

20代でしっかりダイエット 男性らしい体作りを

0代になると突然増えるぽっこりお腹の男性。メタボ腹は年齢のせい、と気にしていない人が多いようですが、女性目線はしっかり男性のお腹をチェックしているものです。
自分では「まだ大丈夫」と思っているのが男性メタボの特徴です。
女性に比べ鏡に全身を写して見るということが習慣づいていないため、温泉で自分の裸の全身を鏡で見て「ヤバイ」と気づくという人もいるようです。
男性の脂肪は内臓の内側につく「隠れ肥満タイプ」が多いのも理由の1つかもしれません。
胸やお尻、太もも、下腹などの見えるところに脂肪がつきやすい女性に比べ、男性の肥満は見えない部分で着々と進みます。
気づいた時には3段腹ならぬ、恵比寿腹に・・・。20代だからといって油断はできません。
年齢を重ねるにつれ、新陳代謝は低下し肥満は進みやすいもの。だから今のうちにしっかり体を絞っておくことは、後々の体型にも大きく関わってきます。
ダイエットは続けることが大切です。とはいっても、カロリー制限食をいつまでも続けるのは大変です。
そこで、ダイエット食と並行して運動をすることを心がけましょう。
もともと男性は女性に比べ、筋肉がつきやすく、代謝量も多いため、太りにくいものです。筋肉量が減少すれば新陳代謝も衰え、太りやすい体質になります。
水泳やジョギングなどは有酸素運動で、体脂肪を燃やすとともに、バランスのよい筋肉をつけてくれます。
また、数年前に流行したビリーズブートキャンプなどは、自宅でできる運動としては女性にはちょっとキツめ。男性が行っても成果がでやすく、DVDを見ながらできる手軽さから、現在も続けている人は多いようです。