韓国のアイドルなどが実践している「レモンバームダイエット」って、ご存知ですか?

その名の通り、レモンバームというハーブを使ったダイエットなのですが、このハーブ自体、昔から「長寿のハーブ」としてヨーロッパの人たちに親しまれてきました。

レモンバーム

レモンバームは日本でも庭やポットで簡単に育てられるので人気のハーブですが、このレモンバームのハーブティーを一日1.5リットル飲むのがレモンバームダイエットです。

レモンバームにはどんな効果があるの?

レモンバームティーを1日1.5リットル飲むだけのダイエット方法なら、今飲んでいるお茶やコーヒーをレモンバームティーにすればいいだけですから、とても簡単ですよね。

実際に韓国のアイドルグループ、ブラウンアイドガールズ(Brown Eyed Girls)のナルシャをはじめ、多くのアイドルやタレントがレモンバームダイエットを実践しているようです。

では、レモンバームというハーブには、どんな効果があるのでしょうか?

レモンバームの効能・効果

内臓脂肪を減らす
レモンバームの主成分であるロズマリン酸の働きが注目されています。

食欲を調整
レモンバームの成分は消化器系の不調に作用します。
消化不良を和らげたり、胃の調子を整えるほか、旺盛な食欲を元の状態へ戻す働きもあります。

抗うつ作用
名前のイメージどおりさわやかな香りが特徴のレモンバームには不安な気持ちや緊張を和らげ、幸せな気分へと導いてくれる効果があります。
レモンのような酸味はなく、すっきりとした味で、気分が載らないときも気持ちを明るく前向きにしてくれます。
「イライラでドカ食い」がクセの人には良さそうですね。

抗菌作用
アレルギーの予防や風邪予防、また生理不順にも良いとされ、古くから女性に人気のハーブです。

レモンバームには注意点も

多くの効能があるレモンバームですが、飲む際には注意点があります。

まず、妊婦・授乳中の方は飲用しないようにという注意があります。
これは、レモンバームティーを飲むことでホルモンバランスが変化し、子宮出血を引き起こす場合があるためです。

また、続けて飲むのは14日間まで。
1週間~2週間続けたら、2週間休む、というサイクルで続けてみるといいかもしれませんね。

飲むだけじゃない、レモンバームの使い方

レモンバーム

ハーブティーというと、ほとんどの場合が乾燥させたドライハーブですが、庭やポットで育てることもできるレモンバームは、生の葉を使ってフレッシュハーブティーを作ることもできます。

また、爽やかな香りはお風呂に入れるのもおすすめです。

「飲んで劇的に痩せる!」といった効果は期待できないかもしれませんが、日々のダイエット習慣として、ハーブティーやお風呂に、園芸にと楽しむのには良さそうです。